一億総脱サラ

定年まで働けないよ?どうする?

最新版【Googleアドセンス】ページCTRが低い時の対処法

Googleアドセンス合格は収益ブログ運営の第一歩ですよね。

ようやく合格したものの、
思ってたより稼げないって人も多いのではないでしょうか?

アドセンスで収益を得るための目安となるのが
ページCTRCPCではないかと思います。
f:id:junkroad:20190711062401j:plain



最新版【Googleアドセンス】ページCTRが低い時の対処法

収益の目安となる項目について

ページCTRとは

CTR:Click Through Rate
アドセンス広告のクリック数÷ページビュー数=「ページCTR」
たとえばアドセンス管理画面上の1,000PV(ページビュー)に対して、アドセンス広告が10回クリックされた場合。
『10(アドセンス広告のクリック数)÷1000(ページビュー数)=0.01(ページCTR)』
なので、この場合の「ページCTR」は「1%」になります。

CPCとは

CPC:Cost Per Click
掲載している広告でどれだけ集客できているかがわかりやすいため、広告の費用対効果を示す指標しても利用されています。
CPCは「広告費÷その広告で獲得したクリック数」で算出することができます。
まず「アドセンスのクリック単価(広告単価/CPC)」ですが、
あくまで一般的な平均は「30円」と言われています。

広告単価が高いジャンルのテーマ

不動産関係(新築、リフォーム、マンション経営)
美容関係(エステ、脱毛、植毛)
保険関係
転職求人関係
金融関係(クレジット、カードローン)
このようなテーマブログですとCPC単価の高い広告を張ってもらえるみたいです。

今回はページCTRについて書いていきます

これを見てください
f:id:junkroad:20190711043245j:plain
私の直近1週間のデータですが、
ページCTRが0.2%とかなり低い数字です
これを1%まで上げる事ができれば収益5倍という事です
以前は0.6%くらいあったのに何故でしょう^^;
対処法について調べてみました

広告の位置

基本的には「記事上(冒頭文下)」と「記事下」が
広告をクリックされやすい位置ですので、
まずはそちらに広告を配置するのがおすすめみたいです。
ただし
『記事にアクセスして最初に見える部分』に広告が映りこんでいると
規約違反とみなされる場合があります。
グーグルから警告メールが送られてきたら、即改善しましょう。

関連コンテンツ

訪れた読者が興味がある広告と
ブログ内の記事を自動で表示してくれるサービスです。
しかし
サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。
私もまだ関連コンテンツ解放されてませんので、詳しくお伝えする事ができません^^;
昔より解放条件が緩くなってるみたいなので、頑張りましょう!
関連コンテンツ ユニットを利用するには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。
アドセンスヘルプによりますと

サイトで関連コンテンツ ユニットを利用できるかどうか確認するには:
AdSense アカウントにログインします。
[サイト] をクリックします。
[関連コンテンツ] をクリックします。
[サイト] に [関連コンテンツ] が表示されない方は、現在関連コンテンツを利用できません。

一度確認してみると、解放されてるかもしれませんよ^^

記事数を増やす

ある程度のPVが無ければしっかりとしたデータが取れないので、最適な広告の配置を知ることができません。
またアドセンスはPVが多ければ多いほどクリックされます。
当たり前のようですが、一番重要ですね^^

ちなみに

Googleアドセンスで収益化するなら「ページCTR」は大切なので、平均値を下回ってるなら改善をしていきましょう。
ただ、1日のアクセス数が5,000PV以下なら、「ページCTR」の改善よりもページビュー数を増やすことに専念したほうがいいです。
というのも、ブログ収益を発生させるにはアクセスを集めることが大前提だし、ページCTRが高いかどうかのデータも5,000PV以下なら参考にならないんですよね。
なので、1日5,000PV以上を安定的に確保できてからページCTRの改善をしたほうがいいですね。

気の遠くなるような事ですが、1日5000PVまでは余り気にしなくていいみたいですね^^;

広告掲載率の変更

収益の維持・拡大とユーザー エクスペリエンス向上を両立し続けるのは、簡単なことではありません。広告掲載率の調整機能を利用すれば、ユーザーに表示する広告、特に収益性の低い広告の掲載数を、推定される収益への影響を確認しながら減らすことができます。

広告掲載による収益の多くは、実際には比較的少数の広告インプレッションから生じていることが一般的です。特に収益性が高い広告だけに絞って表示することで、収益への影響を最小限に抑えつつ、サイトのユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。
サイトの広告掲載率を最適化する - AdSense ヘルプ

と言う事なので、少し掲載率を変えてみました。
今までは【掲載可能な広告の割合】が100%でしたが、
【収益に占める割合】が100%で維持できるギリギリまで掲載率を落としてみました。
f:id:junkroad:20190711061219j:plain
元々のサンプルが少ないので、これが正解かどうか解りませんが、少しの間これで行きたいと思います。
そもそも、ページCTRには関係無いかもしれません^^;


最新版アドセンスで出来ない事

最近(2019年4月以降?)合格された方の最新版アドセンスでは廃止された広告があります。
私も6月合格でしたので、以前の恩恵を受けれませんでした。

リンク広告

皆さんも見た事あると思います。

リンク広告↓こうゆうヤツです
f:id:junkroad:20190711050329j:plain
結構収益率高い広告だったみたいですが、
最新版では廃止されてます^^;
以前からアドセンス広告を張っている人でも、今後はリンク広告が廃止される見通しみたいですので、早めの対策を考えたほうが良いかもしれませんよ。

広告サイズが2択

これから作成される新しい広告ユニットはすべてデフォルトでレスポンシブ形式となり、モバイルや PC の画面に合わせてサイズが自動調整され、パフォーマンスと柔軟性が向上します。
こうしたカスタマイズが不要の場合は、固定サイズの広告ユニットを作成してください。

広告ユニットの作成と管理が簡単になりましたが、オリジナリティーには欠けるのではないでしょうか?
以前のアドセンスを使った事がないので、比較ができないので憶測で書いております。


まとめ

やはり
と言ってはなんですが、
記事数を増やす事とPV数を増や事が大前提ですね。
私も余り収益率を気にせずに
100記事・1日PV5000を目指します^^;
いつになる事やら・・・。

この記事に関する事は、ほとんどアドセンスヘルプで入手できます。
広告ユニットに関する最新情報を貼り付けておきます。

変更点
広告サイズ
広告ユニットの作成と管理が簡単になります。これから作成される新しい広告ユニットはすべてデフォルトでレスポンシブ形式となり、モバイルや PC の画面に合わせてサイズが自動調整され、パフォーマンスと柔軟性が向上します。こうしたカスタマイズが不要の場合は、固定サイズの広告ユニットを作成してください。

広告タイプ
現在、Google ではより魅力的な広告フォーマットへの移行を進めています。テキスト専用やディスプレイ専用の広告ユニットを段階的に廃止することで、ユーザー エクスペリエンスの向上を図り、現在の広告市場の状況にも適切に対応していく方針です。これを受けてアカウントでは、「テキスト広告のみ」と「ディスプレイ広告のみ」の広告ユニットの名前がすでに「ディスプレイ広告」に変更されており、すべての広告タイプに対応するよう更新される予定です。

引き続きテキストのみの広告ユニットを使いたい場合は、ネイティブ インフィード広告ユニットを作成し、手動で広告スタイルを作成するオプションと [テキストのみ] のテンプレートを選択してください。

テキスト広告のスタイル
「テキスト広告とディスプレイ広告」の広告ユニットでテキスト広告のスタイルがサポート終了となります。今後は、新しい広告ユニットで広告スタイルを作成できなくなります。新しい広告ユニットには、Google が最適化したテキスト広告のスタイルが適用されます。この機能はサポート終了となるため、既存の広告スタイルも今後数か月のうちに Google によって最適化が行われます。カスタマイズやユーザー エクスペリエンスの向上を重視する場合は、記事内広告やインフィード広告などのネイティブ広告をご利用ください。

「表示可能な広告がない」場合の対応を簡略化
Google では、広告ネットワークの品質と安全性を高め、AdSense ネットワークに侵入する悪質な広告の数を減らせるよう継続的に改善を進めています。そうした取り組みの一環として、このたび [表示可能な広告がない場合] オプションが削除されることになりました。今後、表示可能な広告がない場合はデフォルトで広告スペースが折りたたまれ、それができない場合は空白のスペースが表示されます。現在の設定が「無地一色」か「他の URL」の場合は、近いうちに設定が更新されます。

テスト
上記の変更の結果、広告ユニットの設定テストも不要になるためこの機能は削除されます。実施中のテストがある場合は、今後数か月のうちに停止されます。

同期コード
コードタイプを同期に変更する AdSense のオプションは利用できなくなります。広告ユニットの同期広告コードが必要な場合は、こちらの手順に沿って手動で作成してください。

カスタム チャネル
カスタム チャネルを追加するオプションは、広告ユニットを作成する際に削除されます。現在では広告主によるプレースメント ターゲット広告の購入は行わないため、カスタム チャネルはレポート作成にのみ使用されています。引き続き新しいカスタム チャンルを作成して [カスタム チャンル] レポートを表示することはできますが、今後は、この方法で広告ユニットの掲載結果をトラッキングするには、カスタム チャンル ID を広告ユニットのコードに追加する必要があります。または、[広告ユニット] レポートを実行し、フィルタを使用してデータをそれらの広告ユニットに制限することで、複数の広告ユニットの掲載結果を確認できます。
広告ユニットに関する最新情報 - AdSense ヘルプ

今回の記事内での広告は
なるべくページCTRを意識した配置にしてあります。


いやいや
おかしいだろ!

とか

こうしたほうがいいよ!

とか

アドバイスを頂ける優しい方はコメントでもください^^


では皆さん
素敵なアドセンスライフを^^/