一億総脱サラ

定年まで働けないよ?どうする?

吉本新悲劇2【宮迫という男】

前回までのあらすじ


日本中から注目を浴びた吉本興業社長 岡本の記者会見
事の発端はフライデーにより吉本芸人の闇営業が暴露された事だった

カラテカ入江の契約解除
その後、頑なに静観を貫く吉本興業
そこには松本の大きな力が働いていた
コピペツイートなど失敗を繰り返した雨上がり宮迫の謹慎処分が下されたのだが・・・

吉本新悲劇【宮迫という男】

6月21日 宮迫謹慎処分

「話しが違うじゃないですか」

宮迫が言った・・・

それに答えたのは女だった

「なんの話しやねん アンタ頭イカれてんちゃうか?」

「ホンマ使えんやっちゃな~ もうちょっと頑張ってやー」

少し早口な女の口調は明らかに宮迫をバカにしたものだった

「ねぇ 雅功?」

「せやな~」

答えたのは浜田だ
f:id:junkroad:20190724025445j:plain

続けて女が宮迫を罵る

「昔から好かんかったわ~ なんでアンタこんなとこおんの?」

「直ぐにでも消えて欲しいわ~ なぁ 雅功?」

「せやな~」

吉本内では公然の事実なのだが、直接この2人が並んでるのを見た者はいない

浜田の愛人である

女は続ける

「アンタら アイツらと同期なんやろ?」

「ダウンタウンの敵やんか」

「ホンマ腹立つわー」

宮迫が答えた

「同期言ってもちゃいますねん」

「ボクらはダウンタウンさんに着いて行くって誓ってますやん」

冷めた声で女が言った

「今回の件 アイツらが絡んでんねん」

宮迫の顔がみるみる青ざめる

「そ、そんな どこかに証拠でもあるんですか?姉さん」

ニヤッと笑った女

そう

ハイヒールモモコだ
f:id:junkroad:20190724030811j:plain

「ウチを甘く見てんのか? そんなんスグに耳に入ってくんねん」

「アンタら 次はオレ等の天下とか言ってるらしいしな」

「違いますよ姉さん これには深い訳が・・・」

バチーン!!

浜田が宮迫を平手打ちした

「もうええわ オマエ引退せい」

無言で聞いていた岡本が口を開いた

「とりあえず謹慎処分な 後日引退会見開くから」


その頃 都内某所

モモコの言っているアイツらだ

「宮迫はん 上手いことやってますかな~?」

これに、ちいさいオッサンが答える

「どうやろ 使えんからな~」

ナインティナインの2人だ
f:id:junkroad:20190724050824j:plain

6月24日 各タレント集められる

ここに居たのは後に岡本の会見に同席した、弁護士・小林だった
f:id:junkroad:20190724032508j:plain

冷静かつ冷酷なその男主導で始まった

まず主張したのは亮だった

「ボクはもう限界です 本当の事話して引退します」

「お願いします 謝罪会見させてください」

岡本が部屋に入ってきた

「ちょっと皆出てもらえるか?」

弁護士・スタッフ部屋の外に出る

「おまえら テープ回してないやろな?」

「ええよ亮 会見やればええ でも連帯責任で全員クビにするからな」

何も知らない何も知らされてない亮は限界だった

小林の結論が出た

「では後日、宮迫さんと亮さんで会社主導で引退会見をしていただきます」

6月27日 他芸人の闇営業発覚

即日、スリムクラブ・2700の無期限謹慎発表

「これもアイツらの仕業か!?」

珍しく松本が声を荒げた

「かなりマズいんちゃうん? なぁ雅功?」

モモコの問いに浜田は無言で頷いた

少しの沈黙の後、浜田が呟いた

「あれやな 山本潰した時に加藤も潰しとかなあかんかったし、岡本入院させた時に、戻ってこれんようにしとかなあかんかったな」

「メチャイケだけじゃなくゴチも潰さなあかんかったわ」

恐ろしい男である

遡ること約25年前

松本の執筆した書籍が発売された

『遺書』である




この中で
ナインティナインはダウンタウンのチンカスだと書かれていた

これに激怒した岡村が、その後ダウンタウンとの競演NGを出したのは有名な話しだ

7月6日 宮迫・亮と岡本・藤原との面談

亮の引退決意の確認

宮迫も亮と会見し、引退させるシナリオを告げる

7月10日 宮迫 弁護士に委任

この日は会見に向けたQ&Aの確認日だった

引退に納得してない宮迫が弁護士を雇い、吉本に反旗を翻した

岡本が強く言った

「宮迫は何がしたいんだ!?」

弁護士・小林が答える

「先方の弁護士から連絡がありまして、引退はしないとの見解です」

「こちらとしては、一度先方と協議しないと結論出せません」

7月11日 宮迫・亮・弁護士、小林での話しあい

吉本は亮を丸め込む作戦に出た

「ファミリーやんか お前らのこと守りたいんや」

「どうやろ ここは会社に任せてもらえんやろか?」

優しい口調で喋るのは藤原だ

少し落ち着きかけた亮だったが

宮迫の雇った弁護士が口を挟んだ

「一度、持ち帰らせてください」

相手が弁護士となると吉本もおとなしく納得せざるをえなかった

「クソ!宮迫のやつ」

2つの部屋に重い空気が部屋中に行き渡る

松本にとっても、ナインティナインにとっても裏目に出た瞬間だった

自宅のソファで笑っている男

それが宮迫だった・・・
f:id:junkroad:20190724045905j:plain




つづく・・・かもw

第1話はコチラ↓
www.pierre7.work





では皆さん
素敵なナイナイライフを^^/