一億総脱サラ

という名の雑記ブログ

老人の暴走事故

皆さん、お疲れ様です。

ニュースで見る程度で直接関係ないと思っていたのですが、身近なところで老人の暴走事故がおこりました。

20191004195002

なんと、私の管理する店舗の駐車場でやってくれました^^;

幸いケガ人はいなく、車両3台と店舗のフェンスが破損した程度で済みましたが、一つ間違えたら大惨事でした。

事故を起こした人は80代。最近免許の更新をしたみたいです(息子談)
家族は免許の返納を促してたのですが、断固拒否してこの有様です。

事故後の警察での簡易的な痴ほう症検査で、疑いがあると認められました。

皆さんも記憶に新しいと思いますが、池袋暴走事故をニュースで見たとき、
「こんな杖ついたお爺ちゃんが運転できるわけない」と思ったのではないでしょうか。
あの事故は不幸にも死者が出てしまったので大きなニュースになりましたね。まあ、逮捕されない上級国民云々はここでは割愛します。

今回事故を起こした人、池袋事故の加害者より歩けない状態でした。

私は防犯カメラでの映像を見ただけですが、先ずは並列に止まっている車の1台に激突!(この被害車両は廃車)
次に何故かハンドル切りながらバックで急発進!弧を描くように旋回し、他2台に激突!激突後もアクセル全開だったようです。

お見せしたいくらいの衝撃映像なのですが、身バレするので控えます^^;

周りに歩行者もいて、ほんとに人身被害が無かったのが奇跡です。バックする際、まっすぐ進んでたら店舗に突っ込んでた状況でした。

今回身近に暴走被害を受けて、改めて老人の免許について考えさせられましたね。
もはや不慮の事故ではなく、人為的な事故ですから国として何かしらの指標がないと今後更に事故は増えると思います。

私の親父が70代後半なのですが、車の運転してます。元気なうちに家族で話し合っておくのが必要ですね。家族を加害者にしないためにも、高齢のわがままは無視してでも返納させましょう。