一億総脱サラ

という名の雑記ブログ

チュートリアル徳井が脱税!これは経費で落ちません

チュートリアルの徳井さんの申告漏れ。

ん?申告漏れ?というのが一般的な意見ですよね。
申告漏れの金額から見ると、かなり稼いでたんですね^^

まあ、間違いなく「ルーズさが・・・」ではないですね。
明らかに脱税です!

吉本芸人が個人事業主だというのは闇営業問題で明確です。
一般人でも個人事業主は沢山いますが、皆さん申告してるはずです。

よく、「年収1,000万超えるなら法人化したほうがいい」と言いますが何故でしょうか?
サラリーマンでも個人で経費として計上できますが、普通のサラリーマンでわざわざ申告してる人は少ないと思います。

法人化すると、経費で落せるモノが多くなるんですね。
徳井さんの言い訳を聞くと「仕事のための旅行費」「仕事でも使う衣装代」など言ってましたが、それ自体は間違いではないです。
仕事での交通費、ガソリン代、接待費などは経費で落せます。

経費で落せる物
・仕入れ費:原材料費など仕入れにかかった費用
・水道光熱費や通信費:水道代、電気代、ガス代、通信費など事業運営に必要な費用
・消耗品費:文房具や電球など使いきりのものの費用
・旅費や交通費:営業のための交通費や宿泊代など
・接待交際費:取引先との飲食代など
・給料賃金や福利厚生費:従業員への給料や賞与、福利厚生にかかった費用など
経費で落せない物
・個人事業主の給料
・事業とは関係のないことに使った費用
正しく理解していますか?「経費で落とす」ということ

どの費用も、支出を証明できる領収書などが必要となります。


では、徳井さんの何が問題だったのかと言うと著名人である事、何年も納期遅れを指摘されてた事、金額が大きかった事など考えられます。
そもそも所得の申告をしてなかったら国税局は許しませんね。
家事按分もせず経費としての脱税もしてました。

家事按分とは

プライベートの支出と事業用の支出の両方を兼ねる支出について、事業分を費用計上することを家事按分といいます。
以下のような費用について、家事按分をして事業に関連する比率のみを費用とします。
自宅が事務所を兼ねている場合の家賃や水道光熱費
営業車をプライベートでも使う場合のガソリン代や保険料
家事按分を登録する – freee ヘルプセンター

数年前のは税金の抜け道方法を語っていたみたいなので、確信犯で間違いないですね。
dot.asahi.com

さて、私達ブロガーも収益の申告は必要です。
本業なら個人事業主として、副業なら雑収入として申告しましょう。

本業ブロガーだと自宅兼事務所として使っている家屋の面積により家事按分登録が必要です。
ざっくり言うと自宅の半分を事務所として使ってたら経費で50%落せる計算ですね。

副業ブロガーは年間20万円以上の収入で申告が必須です。
これも難しいのですが、経費を除いた収入が20万円以上の場合なんですね。
PC代、通信費などは経費で落せるのですが、ブログ以外で使うとなると家事按分登録が必要です。

個人の立場や収入源により変わってくるので、個々で調べとく必要がありますね。
ただ金額は定かではありませんが、一般人の副業程度では国税局は把握できないのが現状です。
収入が多くなり過ぎる人は税理士にでも相談しましょう。


徳井さんには是非このドラマを

マンガはこちら


では皆さん、素敵な納税ライフを^^/